革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

オールドドメインの価値

オールドドメインの価値と被リンクサービス


「オールドドメイン」とは、現在SEO界隈で注目を集めている存在です。オールドドメインとはいかなる存在なのでしょうか?また、賢い利用方法はどのようなものがあるのでしょうか?

まず、オールドドメインとはどのようなものなのかというと、一言で言うなれば「中古ドメイン」です。過去に一度所有者が存在し、契約を破棄されたドメインのことを言います。

このドメインには、過去に利用されてきた経歴が残っています。例えば、グーグルで検索されてきた履歴であるとか、さまざまなサイトにリンクされてきた経歴などをそのまま背負っているのです。これがそのまま物理的な集客力として機能します。

そのため、新規ドメインを取得する前に、オールドドメインを取得して、スタート地点の質を変えてしまおうという考え方があります。新規ドメインを作り、いちから基盤を築いていくのはなかなか骨が折れる作業ですから。

ですが、オールドドメインは質の高いものになると非常に高価です。また、ドメインの質を維持し続けることもなかなか難しい。購入当初はページの価値が高いとはいっても、リンクは外されることがありますし、検索エンジンからの評価が下がっていくことも往々にしてあります。評価を下げない、きちんとしたサイトの維持管理が可能でしょうか?ここは一考するべきです。

そこで、オールドドメインの利用方法として「被リンクサービス」を提供している企業があります。「被リンク」とは、リンクされている、という意味です。これの数が多いと、たくさんのページと繋がっているということになりますから、ページを見てもらう機会が増えますし、「ページランク」と呼ばれるウェブページの評価にも直結します。

そのため、SEO対策の一環として、とにかくたくさんのサイトからリンクされようとする人がいますが、実際には受けているリンクの数よりも、質の方が重要視されます。つまり、質が高いオールドドメインからリンクを受けているページは、価値が高いページにリンクされている、ということで評価が高くなります。

このことを利用して、所有しているオールドドメインからユーザーのページに被リンクを売る、というサービスが存在するのです。「オールドドメイン」は、SEO対策において非常に利用価値の高いものですが、直接買い取って利用するのには困難もともなうものです。

運営の自信がない場合は、被リンクサービスを利用しましょう。