厚木の一戸建ての内装について

一戸建てを厚木で購入しようとしている場合、色々とチェックしておくべきポイントがあります。その中のひとつに、内装があります。

厚木で一戸建てを購入しようとしている場合、分譲住宅であっても、注文住宅であっても、内装は一戸建て自体のイメージを決めてしまいますので、とても重要なポイントになってきます。

内装とは、壁や床、天井などのインテリアになってきます。まず、壁、天井ですが、壁紙、塗り壁、ペンキなどがあります。最もよくあるものが壁紙ですが、壁紙であっても、輸入壁紙を使う場合、国産のビニール壁紙を使う場合など、様々です。最近では多機能型の壁紙も出てきましたので、しっかりと選ぶようにしましょう。アイボリーの壁紙を選ぶことが多いですが、個性的なインテリアにしたい場合は柄物の壁紙を使ってみることもよいです。ショールームに行くと、大きなパネルで見本がありますのでチェックしてみるようにしましょう。輸入壁紙は紙壁紙が多く、また、とても高価です。国産の壁紙はビニール壁紙が大半で、汚れに強く、比較的安価です。塗り壁はしっくいや珪藻土になります。これはとても高価ですが、調湿性がありますし、あたたかみがあります。色も様々なので、しっかりと選ぶことが大切です。ペンキは自然塗料のものも数多くあり、様々な色があります。壁紙よりは工事費が高くなりますが、塗り壁ほどではありません。また、手軽にDIYで塗り替えすることも出来ます。

床も色々な種類があり、フローリング、コルク、畳、タイルなどがあります。合板フローリングは手入れがとても簡単で、反りや縮みがありません。無垢のフローリングは縮みや反りがありますが、とてもあたたかみがあります。畳は数年経過すると劣化しますので、数年ごとの畳替えが必要になってきます。しかし、和室として楽しむことが出来ますし、風合いがあります。コルクはクッション性が高いため、子供部屋などに適しています。タイルはとても冷たいのですが、熱伝導がよいので床暖房を下に敷くと効果があります。

このように、厚木で一戸建てを購入しようとしている場合、内装もしっかりとチェックすることがとても大切になってきます。一戸建てのイメージを決めてしまうインテリアを左右するものなので、ショールームに出来るだけ足を運んで、実際に見てみるようにしましょう。分譲住宅の場合は、手入れの仕方もあわせてチェックしていくようにすると、とても良いです。”